本庶氏「科学は未来への投資だ」 ノーベル賞、一夜明け記者会見

共同通信 / 2018年10月2日 10時9分

ノーベル医学生理学賞の受賞決定から一夜明け、妻の滋子さん(左)と記者会見する本庶佑京都大特別教授=2日午前、京都市

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑京都大特別教授(76)が、受賞決定から一夜明けた2日、妻の滋子さん(75)と京大(京都市左京区)で記者会見し、「基礎研究が応用につながることは決してまれではないと実証できた。サイエンスは未来への投資だ」と強調した。

 また本庶氏は「落ち着いていろいろ考えると、幸運な人生を歩いてきたと思う」と晴れ晴れとした表情で語った。

 滋子さんは「主人を支える側に回り、ノーベル賞を受賞する結果となり大変うれしい」と緊張した面持ちで話した。

 本庶氏の発見は免疫治療薬「オプジーボ」として実用化された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング