実験動物を8年間無届け、兵庫 化粧品のピアス社に行政指導

共同通信 / 2018年10月18日 16時34分

 「カバーマーク」や「ケサランパサラン」などのブランドを手掛ける化粧品会社ピアス(大阪市)グループが神戸市西区に持つ動物実験施設について、兵庫県の定める届け出義務に反し少なくとも8年間無届けだったことが分かった。市が9月19日に行政指導、同社は21日に届け出た。

 兵庫県は条例で実験動物を飼う場合に届け出を義務付け、違反に20万円以下の罰金を定める。届け出義務は全国的に珍しく、ピアスは共同通信に「条例を知らなかった」と理由を説明した。マウスやモルモットを飼育していたという。今後動物実験を廃止する方針を明らかにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング