ポケベル、来年9月終了へ 登場から50年、歴史に幕

共同通信 / 2018年12月3日 11時3分

ポケットベルの端末(東京テレメッセージ提供)

 「8181(バイバイ)」―。「ポケットベル」と呼ばれた無線呼び出しサービスを全国で唯一展開していた東京テレメッセージ(東京)は3日、来年9月末でサービスを停止すると発表した。携帯電話の普及に伴う契約者数の減少が理由。数字の語呂合わせのメッセージ送信などで若者などに人気を集めたポケベルは、登場から約50年で役目を終えて姿を消す。

 1968年に日本電信電話公社が開始したポケベルは、電波で小型の液晶端末にデータを送信する仕組み。特定の番号に電話をすると、メッセージを送ることができる。96年に契約数が1千万件を超えて平成初期の時代を象徴したサービスだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング