私立中教諭が生徒の顔蹴る 8針縫うけが、名古屋の進学校

共同通信 / 2018年12月10日 18時32分

 名古屋市東区の私立東海中で、40代の男性教諭が1年の男子生徒の顔面を蹴り、生徒が眉間を8針縫うけがをしていたことが10日、同校への取材で分かった。教諭は翌日から自宅謹慎中で、同校は処分を検討している。同校は1888年創立で、中高一貫の男子校。進学校として知られ、海部俊樹元首相ら著名人を多数輩出している。

 同校によると、4日の4時間目に多目的室であった総合学習の授業中、しゃがんでいた男子生徒の顔を教諭が蹴った。生徒は衝撃で、掛けていた眼鏡の金具が当たり眉間から出血。救急車で病院に運ばれた。生徒は翌日から登校している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング