元徴用工ら、韓国政府に補償請求 100億円超の訴訟提起

共同通信 / 2018年12月20日 18時17分

 【ソウル共同】韓国人元徴用工らを支援する韓国の民間団体「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」は20日、ソウルで記者会見し、韓国政府に補償を求めた訴訟の請求額は1人当たり1億ウォン(約1千万円)だと明らかにした。原告数は元徴用工や遺族の計1103人で、請求総額は1千億ウォンを超える。

 日本による植民地支配を経て、日韓は1965年の請求権協定を結び、日本が経済協力資金を提供。韓国は資金をインフラ建設に使い経済発展の基礎を築いたが、元徴用工ら個人への補償は十分に行われてこなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング