都営浅草線でレール破断か 影響1万人

共同通信 / 2019年1月20日 11時37分

 20日午前5時10分ごろ、都営地下鉄浅草線の浅草―本所吾妻橋間でレールが切れているのを点検作業員が見つけた。始発列車が通過した衝撃で破断した可能性がある。該当箇所に金属板をあてがう応急措置を取ったが、押上―浅草橋間で約3時間運転を見合わせて約1万人に影響が出た。

 交通局によると、厚さ約15センチのレールが線路と直角の方向に切れていたという。始発列車が現場付近を通過した際、総合指令所の表示板に不具合の表示が出たため、点検していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング