イラン、革命40年で記念式典 「反米」で国威発揚図る

共同通信 / 2019年2月11日 20時42分

11日、イランの首都テヘランで開かれた革命40年に合わせた式典で、行進する参加者ら(共同)

 【テヘラン共同】イスラム聖職者による政教一致の支配体制が樹立された1979年のイラン革命から40年となるのに合わせ、イラン各地で11日、記念式典が開かれた。米国との対立が深まり経済低迷で社会に閉塞感が漂う中、式典では「米国に死を」のスローガンが叫ばれ、国威発揚が図られた。

 ロウハニ大統領は首都テヘランで演説し、核合意を離脱した米国の制裁を念頭に「国民生活にいくつかの問題が起きているが、われわれは負けない。団結して困難を克服する」と強調。米欧が懸念を表明するミサイル開発も引き続き進める考えを表明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング