民間初の月探査機打ち上げ イスラエルの団体、4月着陸へ

共同通信 / 2019年2月22日 12時29分

イスラエルの月面探査機を載せ、打ち上げられた「ファルコン9」ロケット=21日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地(AP=共同)

 【エルサレム共同】イスラエルの非営利団体「スペースIL」は米東部時間21日夜(日本時間22日午前)、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から民間初の月面探査機「ベレシート(創世記)」を打ち上げた。ベレシートは上空でロケットから分離され、地球を周回する軌道に入り、打ち上げは成功した。4月11日に月に着陸、磁場測定などを行う計画だ。

 これまで月面の着陸探査に成功したのは、国が威信を懸けて取り組んだ米国、旧ソ連、中国のみ。スペースILが成功すればイスラエルが4カ国目、民間初の快挙となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング