金正恩氏が指導部刷新、首相交代 北朝鮮で最高人民会議開催

共同通信 / 2019年4月12日 9時44分

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が国務委員長に再任されたことを1面で報じる12日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

 【北京共同】北朝鮮の国会に当たる最高人民会議が11日、平壌で開催された。朝鮮中央通信が12日伝えた。国家の最高指導者である国務委員長に金正恩朝鮮労働党委員長を再任、新首相に金才竜・前慈江道党委員長を選出した。最高人民会議常任委員長として20年以上、対外的な国家元首の役割を務めてきた金永南氏(91)が退き、崔竜海党副委員長が後任に就いた。金正恩氏は指導部を刷新、世代交代を進め、「自力更生」による経済再建や対米交渉に向けた態勢強化を図った。

 重要政策を討議・決定する国務委員会は、新設の「第1副委員長」に崔竜海氏が選ばれたほか、崔善姫外務次官が新たに加わった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング