トランポリン森「W杯力出せた」 世界選手権代表入り

共同通信 / 2019年4月23日 20時17分

トランポリンのW杯から帰国し、取材に応じる森ひかる(左)と堺亮介=23日、成田空港

 トランポリンのワールドカップ(W杯)シリーズ第2戦に出場した日本代表が23日、ミンスクから成田空港に帰国し、世界選手権(11~12月・東京)代表入りを決めた女子個人4位の森ひかる(金沢学院大ク)は「メダルまであとちょっとで悔しかったけど、自分の力は出せた」と手応えを語った。

 19歳の森は予選との合計得点で日本体操協会の選考基準を満たした。世界選手権の上位8人や来年4月までのW杯シリーズ全6戦で成績上位選手らが2020年東京五輪出場枠を獲得する。世界選手権を見据え「自分の演技を出せば、枠は取れる」と自信を口にした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング