野村HD、赤字1004億円 10年ぶり、役員賞与ゼロ

共同通信 / 2019年4月25日 18時15分

野村ホールディングス本店の入るビル=東京都中央区日本橋

 野村ホールディングス(HD)が25日発表した2019年3月期連結決算(米国会計基準)は、純損益が1004億円の赤字(前期は2193億円の黒字)に転落した。リーマン・ショックがあった09年3月期以来、赤字は10年ぶりとなる。

 永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)ら幹部の経営責任を明確化するため、19年3月期の業績に応じて支払われる役員賞与を原則ゼロにする。

 法人向け部門で、過去に買収した米リーマン・ブラザーズなどの資産価値を収益性の悪化に伴って見直したことにより、ブランド価値に当たる「のれん代」を計814億円減損処理したことが響いた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング