大飯差し止め元裁判長、津で講演 原発危険性「若い世代に」

共同通信 / 2019年4月28日 19時44分

河合弘之弁護士(左)と対談する福井地裁の元裁判長樋口英明氏=28日午後、津市

 2014年に関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めない判決を出した福井地裁の元裁判長樋口英明氏(66)が28日、津市で講演し「原発の危険性が分かった以上、それを伝えていくのが私の責任だ。特に、何の責任もないのに負担を負ってしまっている若い世代に伝えたい」と訴えた。

 樋口氏は、原発の稼働を巡っては首相のほか地元自治体の首長、原子力規制委員長、裁判官が責任を負っていると指摘。「そのうちの誰か1人が判断すれば原発を停止させられるのに、そうなっていない」との見方を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング