国民主導の野党結集に慎重 野田氏、選挙連携を優先

共同通信 / 2019年5月9日 19時21分

国会内で記者会見する衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田前首相=9日午後

 衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田佳彦前首相は9日の記者会見で、国民民主党の玉木雄一郎代表が呼び掛ける野党結集に慎重な姿勢を示した。「どういう声掛けがあるか分からないが、選挙の連携は(立憲民主党の)枝野幸男代表が呼び掛けている。その実務を進めることに尽きる」と述べた。夏の参院選や取り沙汰される衆参同日選での協力に取り組む考えだ。

 野田氏は立民を軸とした野党結集を目指している。立民と、自由党と合流した国民との橋渡しに関し「一つの党になるのは困難だが、選挙や国会での連携を含めその仲立ちする役割はある」と説明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング