中国の王毅外相、米をけん制 国際ルール尊重を呼び掛け

共同通信 / 2019年5月10日 13時48分

「日中韓3国協力国際フォーラム」で講演する中国の王毅国務委員兼外相=10日、北京(共同)

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は10日、日中韓3カ国で連携して保護主義に反対し、国際ルールに基づく貿易体制を維持するよう呼び掛けた。米政権による中国製品への追加関税率引き上げを念頭に、米国をけん制した形。北京で開かれた「日中韓3国協力国際フォーラム」の開会式で講演した。

 王氏は「グローバル化の流れに逆らうことはできない」と強調。国際情勢の複雑化で「多国間協調主義を高く掲げなければならない」と、日中韓の結束を訴えた。

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や、日中韓の自由貿易協定(FTA)の交渉を加速させるとし、市場の対外開放を進める意欲を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング