ボクシング木村、中国で世界挑戦 Lフライ級2階級制覇狙う

共同通信 / 2019年5月14日 17時17分

記者会見後にポーズをとる木村翔=14日、東京都中央区

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級2位の木村翔(青木)が26日に中国・撫州市で同級王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に挑戦すると14日、所属ジムが発表した。世界2階級制覇が懸かる30歳の木村は東京都内で記者会見し「もう一度世界のベルトを巻く。負ける気がしない」と意気込んだ。

 2017年に世界ボクシング機構(WBO)フライ級王座を奪取した中国での世界戦に「ホームだと思っている」と話す。昨年9月に田中恒成(畑中)に判定負けし王座陥落。1階級下での再挑戦に栄養士をつけて食事を管理し「元々の階級に戻すので不安はない」と笑顔を見せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング