台湾独立を図れば戦い辞さず 中国国防相が強硬姿勢表明

共同通信 / 2019年6月2日 17時15分

アジア安全保障会議で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相=2日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】中国の魏鳳和国務委員兼国防相は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説し、台湾独立を図れば「一戦交えることも辞さない」と表明、台湾独立志向の蔡英文政権や同政権と接近する米国を強くけん制した。台湾問題では譲歩しないとの強硬姿勢を打ち出す一方で、米中の軍事衝突や戦争は「全世界にとって災難」と述べ、衝突回避へ「リスクのコントロール」を重視する考えを示した。

 毎年1回開かれる同会議への中国国防相の出席は、2011年以来8年ぶり。魏氏は演説後の質疑にも応じた。中国の急速な軍拡への懸念が出ている中、中国は永遠に覇権を唱えないと訴えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング