野党、「三大隠蔽」と政権追及へ 年金・日米交渉・実質賃金

共同通信 / 2019年6月6日 19時14分

野党6党派の合同集会であいさつする立憲民主党の辻元国対委員長=6日午後、国会

 立憲民主など野党6党派は6日、国会内で合同集会を開き、終盤国会で年金問題などを巡り安倍政権を追及する方針を確認した。年金給付水準などを点検する「財政検証」の未公表、「密約」と批判する日米貿易交渉、野党が求める実質賃金の伸び率が公表されていないことを「三大隠蔽」と位置付け、参院選でも争点にする構えだ。

 立民の辻元清美国対委員長は「実質賃金(のデータ)を隠して消費税増税ができるか。争点を隠して逃げていながら、一人芝居で衆院解散風を吹かせている」と安倍晋三首相を批判。与党が開催を拒否している予算委員会で議論を尽くすよう求めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング