東電に33万円の賠償命じる 元原発作業員被ばく訴訟

共同通信 / 2019年6月26日 13時42分

 東京電力福島第1原発事故直後、高濃度汚染水がある原発の現場で作業をさせられ無用の被ばくをしたとして、元作業員の男性(53)が東電や関連会社に計1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁いわき支部(名島亨卓裁判長)は26日、東電に33万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 男性はいわき市にある東電の関連会社の元作業員。訴状などによると、2011年3月24日に第1原発3号機のタービン建屋地下で電源ケーブルを設置する作業に加わった。線量計の警告音が鳴ったにもかかわらず、高濃度の汚染水がたまっていた地下へケーブルを送る作業を続けさせられた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング