H2Bロケットの機体公開 三菱重工、愛知で

共同通信 / 2019年6月26日 19時28分

三菱重工業が公開した、無人補給機「こうのとり」の打ち上げに使うH2Bロケットの胴体部分の2段目=26日午後、愛知県飛島村

 三菱重工業は26日、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士の日用品などの物資を届ける無人補給機「こうのとり」の打ち上げに使うH2Bロケット8号機の機体を、飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。数カ月以内の打ち上げを予定している。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーションで使うバッテリーや実験装置、生鮮食品などを積み込む。

 公開したのは筒形の胴体部分。直径5.2メートルの1段目と、同4メートルの2段目に分かれていて、エンジンや燃料タンクが搭載されている。こうのとりを格納する先端部を含めて組み立てると全長は56.6メートルとなる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング