韓国人被爆者、米に謝罪要求 トランプ氏訪問前にソウルで集会

共同通信 / 2019年6月28日 18時17分

28日、トランプ米大統領への謝罪を求めてソウルの米大使館周辺を行進する在韓被爆者らの団体(共同)

 【ソウル共同】トランプ米大統領が米韓首脳会談のため29日に訪韓するのを前に、韓国の被爆者や被爆2世らによる団体が28日、ソウルで集会を開き、広島と長崎に原爆を投下した米国の責任を巡り、トランプ氏に謝罪と賠償を求めた。

 集会は韓国原爆被害者協会や韓国原爆2世患友会が主催。同協会の李圭烈会長は「米国に対し、加害の責任を認めて謝罪することを強く求める」と述べた。集まった百数十人が米大使館の周辺を行進した。

 在韓被爆者には韓国人元徴用工らも含まれ、日本大使館の近くでも集会を開催。徴用工訴訟で損害賠償の支払いが命じられた日本企業に対し賠償に応じるよう求めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング