米朝首脳、板門店で会談 トランプ氏、現職初の越境

共同通信 / 2019年6月30日 19時4分

板門店の韓国側施設で会談する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=30日(AP=共同)

 【ソウル共同】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、南北軍事境界線がある板門店で会談し、トランプ氏は現職の米大統領として初めて北朝鮮側に越境した。板門店には韓国の文在寅大統領も同行した。会談後、トランプ氏は数週間内に非核化の米朝実務協議を再開すると明らかにした。会談はトランプ氏の呼び掛けで電撃的に実現した。米朝首脳会談は3回目。

 トランプ氏は現在も休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)以来の敵国にあえて入ることで事態を打開し、再選を狙う来年の大統領選を前に外交成果にしたい考えとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング