国交省、航空機整備の改善勧告 長崎オリエンタルエアブリッジに

共同通信 / 2019年7月5日 17時21分

 国土交通省大阪航空局は5日、規定に従わない不適切な航空機整備をしていたとして、福岡県や長崎県の離島などで運航するオリエンタルエアブリッジ(ORC、長崎県大村市)に、航空法に基づく業務改善勧告と安全統括管理者への警告を出した。8月5日までに再発防止措置の報告を求めた。

 大阪航空局によると、ORCは6月7日に運航終了後の機体を点検した際、エンジンの発電機からオイル漏れを確認したが適切な整備をせず、13日に発電機を交換するまでの間、飛行させた。さらに、規定で認められていない中古の発電機を故障機と交換した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング