密航船のロヒンギャ拘束 60人超、ミャンマー警察

共同通信 / 2019年7月10日 16時19分

 【ヤンゴン共同】ミャンマー警察は西部ラカイン州で9日、密航船でマレーシアを目指していたイスラム教徒の少数民族ロヒンギャ63人と乗組員4人を拘束した。63人のうち2人と乗組員は、ロヒンギャの人身売買に関わっていた。国営メディアが10日伝えた。

 報道によると、船は悪天候の中で燃料がなくなり、漂流後に座礁しているのを警察が発見。ロヒンギャらはバングラデシュの難民キャンプと、ラカイン州から集められ、1人につき170万チャット(約12万円)を払うことに合意して乗船したという。

 ロヒンギャは、国民の大多数が仏教徒のミャンマーで差別を受けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング