ハワイ望遠鏡建設再開で抗議デモ 先住民の聖地、20人拘束

共同通信 / 2019年7月18日 11時28分

17日、米ハワイ島マウナケア山に集まったデモ参加者と警察官ら(CINDY ELLEN RUSSELL/ホノルル・スター・アドバタイザー紙提供、AP=共同)

 【ホノルル共同】米ハワイ島の先住民の聖地とされるマウナケア山(標高約4千メートル)で計画が進められている超大型望遠鏡「TMT」建設を巡り、神聖な場所だと反対する先住民ら数百人が17日までに、山へと続く道路を封鎖するなど抗議デモを行った。警察は約20人を拘束した。地元メディアが報じた。

 ハワイ州最高裁が昨年秋に出した工事を認める決定に基づき、当局は中断していた建設再開を15日から試みているが、混乱が続く可能性がある。

 マウナケア山は天体観測に適しているとされ、国立天文台の「すばる望遠鏡」など複数の観測施設がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング