作家トニ・モリスンさん死去 米黒人女性で初のノーベル賞

共同通信 / 2019年8月7日 5時12分

死去したトニ・モリスンさん(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】米黒人女性作家として初めてノーベル文学賞を受賞したトニ・モリスンさんが5日、ニューヨークの医療施設で死去した。88歳だった。米メディアが報じた。

 1931年、米オハイオ州ロレーン生まれ。70年に「青い眼がほしい」で文壇にデビューし、「ソロモンの歌」で全米批評家協会賞、自らの子が奴隷となることから逃れるために殺害する女性の姿を描いた「ビラヴド」で88年にピュリツァー賞を受賞した。93年にはノーベル文学賞も受賞した。

 黒人女性の姿を描き続け、2012年には当時のオバマ大統領から文民に贈られる最高位の勲章の「大統領自由勲章」を授与された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング