復興道路、20年度に全線完成へ 東日本被災地550キロ

共同通信 / 2019年8月8日 12時6分

三陸沿岸道路の歌津IC―小泉海岸IC間の開通で、気仙沼市方面に向かって走る車=2月、宮城県南三陸町

 国土交通省は8日、東日本大震災の被災地で国が建設している復興道路や復興支援道路計550キロが、2020年度内に全線開通する見通しになったと発表した。開通時期が未定だった岩手、宮城、福島3県の5区間計47キロについて、20年度末までに完成するめどが立った。

 新たに開通時期が確定した区間は次の通り。

 【復興道路】三陸沿岸道・普代村第16地割―久慈インターチェンジ(IC)(岩手、25キロ)▽田野畑村大芦―田野畑村田野畑(岩手、6キロ)▽気仙沼港IC―唐桑南IC(宮城、7キロ)

 政府は、三陸沿岸道(青森県八戸市―仙台市、359キロ)を復興道路と位置付けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング