「日本も多民族国家に」 マハティール首相

共同通信 / 2019年8月8日 18時48分

福岡市で講演するマレーシアのマハティール首相=8日

 マレーシアのマハティール首相は8日、訪問先の福岡市で講演し、外国人労働者の受け入れ拡大に動き始めた日本の将来像について「単一民族ではなく、多民族国家に」なるための適応が必要だと述べ、多様な文化を受け入れることの大切さを強調した。

 マハティール氏は、移民を受け入れて発展してきた米国でトランプ大統領が排斥的な政策への転換を進めていることについて、国際化の時流に合わず「失敗するだろう」と批判した。

 一方、悪化する日韓関係などを念頭に「歴史が(アジアの)前進を阻んでいる」と指摘。敵同士だった独仏の友好関係を例に挙げ「過去を忘れれば得るものは多い」と和解を勧めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング