小池都知事、脅迫で中止「最低」 愛知の芸術祭巡り

共同通信 / 2019年8月9日 21時0分

 東京都の小池百合子知事は9日の記者会見で、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が脅迫行為によって中止に追い込まれた経緯に触れ「最低な話だ」と述べた。

 展示内容への公金支出が適切かどうかについては明言を避け、展示物は一般的に学芸員による選定が多いとした上で「今回は主催者が選定し、その意志が入った。ここが一つの区切りではないか」と指摘。今回は自治体が通常主催する展示とは同列に評価できないとの考えを示した。

 中止を巡り、表現の自由の観点から各地の首長が繰り広げている激しい応酬に対しては静観の構えを見せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング