鉄道会社と都が会議 技術面で混雑緩和を

共同通信 / 2019年8月21日 5時3分

民間鉄道会社と首都圏の鉄道の混雑緩和策を話し合う会議で、あいさつする東京都の小池百合子知事=20日午後、東京都庁

 東京都は20日、民間鉄道会社と共に、首都圏の鉄道の混雑緩和策を技術面から話し合う会議を開いた。2020年東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑を避けるため、都は時差出勤やテレワークを促す取り組みを進めており、担当者は「ソフト面に加え、ハード面でも有効な方法を検討したい」としている。

 小池百合子知事は冒頭に「鉄道は東京の持続的成長に重要なインフラ。(混雑解消は)官民一体で取り組む課題だ」とあいさつ。芝浦工業大の岩倉成志教授(交通計画)は講演で、ロンドンやパリといった国際都市では公共交通への投資に力を入れていると説明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング