NY株、一時150ドル超高 米中貿易摩擦の懸念後退

共同通信 / 2019年9月12日 23時56分

 【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日からの上げ幅が一時、150ドルを超えた。午前10時半現在は前日比120.90ドル高の2万7257.94ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は54.24ポイント高の8223.92。

 トランプ米大統領が前日、中国からの輸入品に対する制裁関税の上乗せを先送りすると表明したことをきっかけに米中貿易摩擦への懸念が後退し、買い注文が膨らんだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング