性暴力被害者の救済基金設立 ノーベル平和賞医師ムクウェゲ氏

共同通信 / 2019年10月3日 16時45分

日本外国特派員協会で記者会見するデニ・ムクウェゲ氏=3日午後、東京都千代田区

 紛争下の性暴力撲滅を訴え、昨年ノーベル平和賞を受賞したコンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏は3日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、世界の性暴力被害者の救済を目的とした基金の設立を月末にもニューヨークで正式発表すると明らかにした。

 同氏は「男女が真に平等な国は世界に一つもない」と述べ、女性の権利向上の必要性を強調。性暴力の被害者が中傷の二次被害を恐れて名乗り出ないことが多いと指摘し「(沈黙せずに)諦めないでほしい。時に世界は1人の行動で変えられる」と呼び掛けた。

 基金は平和賞を共同受賞したイラク人女性のナディア・ムラド氏らと設立。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング