原発の不適切投稿で経産職員戒告 処理水議論巡り

共同通信 / 2019年10月4日 16時29分

 経済産業省は4日、東京電力福島第1原発の処理水の扱いを議論する政府小委員会を巡り、自身のフェイスブックに不適切な投稿をしたとして、廃炉や汚染水対策を担当する課長級の男性職員(50)を戒告の懲戒処分にした。同省は「国家公務員の信用を失墜させる行為で誠に遺憾。深くおわびする」としている。

 同省などによると、職員は小委の会合が開かれた9月27日、自身のフェイスブックに、ニュース記事を紹介しながら「廃炉に責任を負ってない人はピーチクパーチク言える」などと投稿。その後、削除した。

 同省は、被災地や関係者を軽視していると受け止められる不適切な内容だったと判断した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング