英王子夫妻、パキスタン訪問 女性教育の取り組み視察へ

共同通信 / 2019年10月15日 6時8分

少女から花束を受け取る英国のウィリアム王子(右)とキャサリン妃=14日、イスラマバード(AP=共同)

 【イスラマバード共同】英国のウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が14日、パキスタンを訪問した。18日まで滞在し、女性教育や気候変動への取り組みを視察する。英王室は治安への懸念から夫妻にとって「最も複雑な訪問」になるとしている。

 夫妻にとって初のパキスタン公式訪問。地元メディアによると、15日にカーン首相と面会し、その後、東部ラホールや北西部カイバル・パクトゥンクワ州を訪れる。総移動距離は千キロ以上になるという。

 英国はパキスタンの旧宗主国。英BBC放送によると、国内のパキスタン系住民は150万人を超えており、深い関係を維持している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング