お茶の新しい楽しみ方提案 東京・渋谷で、伊藤園

共同通信 / 2019年10月29日 14時46分

伊藤園の飲食店兼ショップ「オチャ ルーム アシタ イトウエン」=東京・渋谷

 「お~いお茶」など、ペットボトルの緑茶販売で知られる飲料メーカーの伊藤園が、お茶の新しい楽しみ方を提案する飲食店兼ショップ「オチャ ルーム アシタ イトウエン」を、東京・渋谷に11月1日オープンする。

 若い世代がお茶を飲まなくなっていることが出店の背景にあり、広報の山口愛一郎さんは「今までにない切り口でお茶の魅力を伝える場が必要と考えた。日頃お茶を飲む習慣のない人にも興味を持ってもらいたい」と語る。

 飲食スペースでは、全国の産地から厳選した茶葉を使った緑茶や紅茶のほか、生地に抹茶を練り込んだバケットサンド、ほうじ茶ラテなどアレンジメニューを提供。希望すれば抹茶を自分でたてて飲むこともできる。

 ショップにはオリジナルの茶葉やティーバッグ、茶道具など、家庭でもひと味違ったティータイムを楽しめる商品が並ぶ。お茶を題材にした短編小説と、作品に登場する茶葉をセットにした「読むお茶」は、ギフトに喜ばれそうだ。

 「おいしさはもちろん、お茶を巡る歴史や文化にも気軽に触れてほしい」と山口さん。12月からは茶葉のブレンド体験や、オリジナルの湯飲みを作る陶芸教室などイベントも不定期で開催していくという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング