セブン無断発注で2人懲戒 来年1月に深夜休業75店

共同通信 / 2019年11月15日 21時17分

経産省で聞き取りに臨む、セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長(左)と、ファミリーマートの沢田貴司社長=15日午後

 セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は15日、店舗を担当する本部社員が店のオーナーに無断で商品を発注した内規違反が今年2件あり、社員2人を懲戒処分にしたと明らかにした。処分の詳細は個人情報を理由に非開示としたが、永松氏は「本当にあってはいけない非常にゆゆしき問題だ」と述べ、経営体制を見直す考えを表明した。

 また11月から8店舗で実施している深夜休業の本格実施について、来年1月に計75店舗へ拡大することも明らかにした。

 永松氏は聞き取りで「(店舗担当者の)評価の見直しをしなくてはいけない」と指摘。今後、オーナーからの意見を重視していく考えを示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング