小学生5人に車突っ込む、熊本 運転の女を逮捕

共同通信 / 2019年11月19日 13時24分

小学生の列に車が突っ込む事故があった現場付近=19日午後、熊本県あさぎり町

 19日午前7時35分ごろ、熊本県あさぎり町岡原北の路上で横断歩道を渡っていた小学生5人の列に車が突っ込み、うち3人が病院に搬送された。県警や消防などによると、小学4年の男児(9)が左脚を骨折するなどしたが、いずれも命に別条はない。

 県警多良木署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで車を運転していた同町の公務員才藤佳代容疑者(30)を現行犯逮捕した。

 県警によると、現場は信号のない、見通しのよい交差点。才藤容疑者は「(道路脇に)小学生がいたが、自分の車が通過するまでは横断歩道を渡らないと思った」と話しているという。容疑者は、通勤途中だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング