参院選1票の格差訴訟、広島高裁が請求棄却

共同通信 / 2019年11月26日 14時5分

 「1票の格差」が最大3.00倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、広島県の弁護士3人が広島選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、広島高裁は26日、請求を棄却した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング