慰安婦合意に履行義務なし 韓国憲法裁、日本の反発必至

共同通信 / 2019年12月27日 17時48分

27日、慰安婦問題を巡る2015年の日韓政府間合意について司法判断を示すために開廷したソウルの憲法裁判所(共同)

 【ソウル共同】韓国の憲法裁判所は27日、旧日本軍の元従軍慰安婦らが慰安婦問題を巡る2015年の日韓政府間合意は憲法違反だと認めるよう求めた訴訟で、合意は条約や協定締結に必要な書面交換も国会同意も経ていない「政治的合意」にすぎず、効力も不明だと指摘、法的な履行義務がないと判断した。

 裁判所は、合意で履行義務が生じていないため元慰安婦らの権利侵害はなく、合意を結んだ政府の行動が違憲かどうかを判断するまでもないとして、元慰安婦らの訴えは却下した。

 合意履行を韓国政府に求めている日本政府は反発を強めそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング