モスクワで室内パークが営業開始 欧州最大「夢の島」、新名所に

共同通信 / 2020年2月29日 19時33分

29日、開園したモスクワのテーマパーク「夢の島」を訪れた人々(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワに大型テーマパーク「夢の島」が完成し、29日オープンした。厳冬期でも遊べるよう「欧州最大」規模の30万平方mの室内エリアを設けた。日本のハローキティなどの人気キャラクターや、最新技術を駆使したアトラクションで世界各地から年間750万人の訪問客を見込む。

 モスクワを訪れる観光客が16%増えると試算され、クレムリン(大統領府)と赤の広場、ボリショイ劇場と並ぶ新たな名所になると期待される。

 モスクワに「ロシア版ディズニーランド」をつくる構想は1990年代からあり、ようやく実現した。27日にはプーチン大統領も視察に訪れた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング