特別法廷の審理「違憲」確定へ ハンセン病、原告控訴せず

共同通信 / 2020年3月10日 19時31分

 ハンセン病患者とされた男性が殺人罪に問われ、隔離先の療養所などに設置された特別法廷で死刑判決を受けた「菊池事件」の審理を憲法違反とした熊本地裁判決について、国への損害賠償請求を退けられた原告の元患者らが、控訴しない方針を固めたことが10日、分かった。請求棄却の主文に対し国は控訴できないため、違憲判断が確定する。

 控訴期限の11日に原告は声明を出す予定。

 2月26日の地裁判決は「特別法廷の審理は人格権を侵害し、患者であることを理由とした不合理な差別だ」とし、人格権を保障した憲法13条、法の下の平等を定めた14条に違反していたと判断した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング