三菱重工、野球部を2チームに 名古屋、広島は統合で姿消す

共同通信 / 2020年3月19日 21時4分

 社会人野球の強豪、三菱重工は19日、各地に4チームある硬式野球部を来年から横浜と神戸・高砂の2チームに再編すると発表した。名古屋、広島の2チームは統合される形で姿を消すことになった。同社はリソースを集中することでチーム力をレベルアップするためとしている。名古屋、広島の選手が現役を続ける場合はどちらかに移る予定。

 広島は都市対抗大会、名古屋は日本選手権でそれぞれ優勝した実績があり、ともに多くのプロ選手を輩出した。横浜にホームを置く三菱日立パワーシステムズ、神戸と高砂(兵庫)が拠点の三菱重工神戸・高砂は存続する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング