現金給付、複数回を再生相が示唆 流行長期化なら、子育て世帯支援

共同通信 / 2020年4月5日 12時31分

西村康稔経済再生相

 西村康稔経済再生担当相は5日のフジテレビなどの番組に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大が長期化した場合、家庭への現金給付を「何回もする必要があるかもしれない」と述べ、複数回の実施も視野に入れていることを明らかにした。子育て世帯を支援するための給付金の支給も表明。政府は子ども1人につき1万円とする方向で調整している。

 現金給付は一定程度の収入が減っていることを条件に1世帯当たり30万円を支給する。ただ長期化すれば30万円では足らず、生活が行き詰まる家庭が出てくる可能性があるため、さらなる支給に言及した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング