ソニー、次世代ロボット共同開発 ANA傘下と、接客や介護支援に

共同通信 / 2020年5月11日 12時43分

 ソニーは11日、ANAホールディングス子会社のアバターインとの間で、次世代の遠隔操作ロボットの共同開発へ協力することで基本合意したと発表した。接客や介護支援といった業務での活用を想定。新型コロナウイルスの感染防止にもつながる技術として早期の実用化を目指す。

 アバターインは4月1日に発足したスタートアップ企業。自宅などにいる利用者が、カメラを搭載したロボットを通して、病院にいる患者の見舞いや水族館の見学などをできるサービスを手掛けている。

 ソニー側はAIやセンサーといった技術を提供し、次世代の遠隔操作ロボットとして、新たな社会インフラに育てたい考えだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング