野党、予備費10兆円の減額要求 2次補正、事務委託問題も追及

共同通信 / 2020年6月4日 12時30分

 立憲民主党の安住淳国対委員長は4日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、2020年度第2次補正予算案の10兆円に上る巨額予備費を減額する修正を求めた。新型コロナウイルス対策の「持続化給付金」事業や、観光・飲食業を支援する「Go To キャンペーン」の事務委託に関し、透明性を確保するため政府や受託団体が説明責任を果たすべきだと主張した。

 安住氏は記者団に「10兆円を安倍晋三首相に白紙委任できない。修正させるため、あらゆる手段を尽くす」と強調。政府と与党は修正要求に応じない考えだ。

 これに先立ち、野党4党の国対委員長が会談し追及強化の方針を確認した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング