首相、今月のロシア訪問見送り 戦勝75年、コロナ対応を理由に

共同通信 / 2020年6月19日 16時14分

 安倍晋三首相が、24日の対ドイツ戦勝75年パレードに合わせたロシア訪問を見送る意向を固め、外交ルートを通じてロシアに伝達したことが分かった。外務省が19日の参院沖縄北方特別委員会で明らかにした。新型コロナウイルス感染症対応を優先する必要があると判断したためだとしている。

 北方領土問題を外交上の重要課題に掲げる首相は当初、ロシアのプーチン大統領との首脳会談を目的に、訪ロへ前向きな姿勢を示していた。首相は領土問題の停滞を避けるため、プーチン氏との会談機会を改めて模索する方向だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング