福島・飯舘村、菅野村長が退任へ 震災、「10年目で区切り」

共同通信 / 2020年7月6日 18時35分

次期村長選の不出馬を表明した福島県飯舘村の菅野典雄村長=6日、飯舘村役場 

 東京電力福島第1原発事故により一時全域で避難指示が出た福島県飯舘村の菅野典雄村長(73)が6日に村役場で記者会見し、10月の任期満了に伴う村長選に出馬しないと表明した。菅野氏は退任の理由について「東日本大震災から10年目で一つの区切り。新しい感覚を持った人にバトンタッチして村の再生を進めてほしい」と述べた。

 菅野氏は1996年の村長選で初当選し、6期目。菅野氏は「毎日が大きな決断だった。(2017年春に)村の大部分の避難指示が解除されたときは、反対の声もあったが、今解除しないと前には進めないと決断した」と振り返った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング