米、留学ビザの規制強化 オンライン授業に発給せず

共同通信 / 2020年7月7日 10時48分

 【ワシントン共同】米政府は6日、米国の大学や高校の外国人留学生に対し、新型コロナウイルスの影響で9月からの秋学期の授業が全てオンラインで行われる場合、査証(ビザ)発給を認めないと発表した。規制強化により、秋学期以降の留学を計画している日本人学生にも影響する恐れがある。

 既に米国に滞在している留学生に対しては、対面式授業を実施する学校に転校するか、米国から退去するよう要求する厳しい内容となっている。

 対象ビザは一般学生向け「F―1」と職業訓練プログラム受講の学生向け「M―1」の2種類。秋学期の全授業をオンラインで行う場合、ビザは発給せず入国も認めない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング