延期の聖火リレー、2億円超支出 福島県、直前決定響き無駄に

共同通信 / 2020年7月7日 18時29分

東京五輪聖火リレーのスタート地点、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で取り外される垂れ幕=3月26日

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止になった東京五輪の聖火リレーの関連で、出発地の福島県が既に支出した費用が約2億5千万円に上ることが7日、分かった。中止決定が出発2日前だったことから、設営や警備にあたる業者に契約通り経費を支払う必要があったためで、結果的に多くが無駄な支出となった。

 来春に同規模のリレーを実施する場合、同程度の費用が再びかかる可能性がある。他の自治体でもリレーの準備などで一部の経費が支出されており、福島県などは国が必要な経費を手当てするよう求めていく方針だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング