ヤクルト奥川が2回無失点 2軍のDeNA戦に先発

共同通信 / 2020年7月11日 18時58分

2軍のDeNA戦に先発したヤクルト・奥川=神奈川県平塚市(球団提供)

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川が11日、神奈川県平塚市で行われた2軍のDeNA戦に先発して2回1安打無失点だった。プロで初めて観客が入った試合に登板し「より緊張感が高まった。ファンのいるありがたさを感じながら投げることができた」と柔らかい笑顔で話した。

 一回に同じ高校出新人の森、東妻と対戦。森を直球で中飛に仕留め、東妻からは変化球で空振り三振を奪い「2人には特に打たれたくない気持ちが強かった」と喜んだ。

 3戦連続で無失点で終えたが「回をまたいでの入りを大事にしようと思っていたのに(二回の先頭打者を)3ボールにした。修正していきたい」と反省した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング