インドでコロナ感染者100万超 世界3番目、人口大国で懸念

共同通信 / 2020年7月17日 17時30分

インドの首都ニューデリーの病院で、新型コロナウイルス検査のため検体を取る医療従事者(奥)=6日(AP=共同)

 【ニューデリー共同】インド政府は17日、新型コロナ感染者が累計で100万3832人となったと発表した。100万人超は米国、ブラジルに続いて3カ国目。1日当たりの新規感染確認者は3万4956人とこれまでの最多となり、13億人超と世界2位の人口大国で今後の推移が懸念される。死者は2万5602人。

 インド政府は人口100万人当たりの感染者が米国やブラジルに比べて格段に少なく、感染者の3分の2近くが既に回復したとして、対策の効果を強調している。3月下旬から5月末に実施した全土封鎖は6月から段階的に解除しているが、都市封鎖が再び実施される地域も相次いでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング